広島大学 教職大学院

メニューMENU

コース

学校マネジメントコース

自らと組織の「使命(ミッション)」を追求し、「探究・創造・協働の学び」を促進するマネジメント力を備えたスクールリーダーの育成

 学校マネジメントコースでは、共通科目から20単位以上を履修し、現代的な教育課題についての知識を学び、実践的理解を深められるようにしています。なお、現職教員を対象とする本コースは、教職経験10年以上又はそれに相当する教職経験や研修歴等から、教科指導、生徒指導及び学級経営については、それ相当の能力を有していると考えられます。よって、既に有している能力・知識に相当する授業科目については、特別措置により共通科目の一部の科目については履修を免除し、その代替分の必要単位については、現職教員学生がより必要とする専門分野を深く学習することができるようにします。

 コース選択科目から11単位以上を履修し、新しい学校づくりを牽引し指導的な役割を果たし得るスクールリーダー(学校管理職候補や指導主事等の教育行政職)を育成します。院生は個々のニーズに応じて、教育実践開発コースのコース選択科目も本コース選択科目の必要な単位として履修できますが,コース選択科目の全修得単位のうち、教育実践開発コースの選択科目の単位は4割を超えないこととします。また、「学校経営・行政フィールド調査」の履修を強く要望します。

 コース必修科目の「アクションリサーチ・セミナー」は、他の授業科目における理論と実践の往還する学びを確実なものとして展開するために必要となる、本コースの軸をなす科目です。少人数のゼミ形式の授業です。 本科目は2年間を通して、学校づくり・学校改善に関する院生各自のテーマを設定し、学校づくり・学校改善の実践の省察を通して自らの理論を(再)構築する。具体的には、テーマ設定(セミナーⅠ)→アクションリサーチの計画(セミナーⅡ)→学校づくり・学校改善の実践(セミナーⅢ)→評価・改善(セミナーⅣ)と展開する。

 学校における実習科目の「アクションリサーチ実地研究」では、研究者教員、実務家教員、校長等は、指導教員やメンターの役割を担い、それら三者が一体となってそれぞれの特長を活かし連携協働して指導と支援に当たるトライアングル型指導体制を取り,院生の個別のニーズに応じた細やかで丁寧な指導を行います。

 1年次には,「アクションリサーチ実地研究Ⅰ(教育行政職実務)」と「アクションリサーチ実地研究Ⅱ(学校管理職実務)」を行います。

 「アクションリサーチ実地研究Ⅰ(教育行政職実務)」では、教育委員会において職員をメンターとして院生に10日間の教育行政の実務を経験します。院生は自らのアクションリサーチのテーマをもとに仮説をもって実地研究に臨み、教育行政の実際を知ることによって、教育行政職の姿勢や視野を学び、職務遂行における「ものの見方」の視座を上げ、スクールリーダーとしての自己の使命感を高めます。

 また、「アクションリサーチ実地研究Ⅱ(学校管理職実務)」では、所属校または連携協力校において、校長をメンターとして院生に10日間の学校経営の実務を経験します。密着研修(シャドーイング)を通して、学校管理職の仕事を知りリーダーシップの具体を学ぶことによって、管理職の視野を学び、職務遂行における「ものの見方」の視座を上げ、スクールリーダーとしての自己の使命感を高めます。

 2年次の学校における実習科目である「アクションリサーチ実地研究Ⅲ」、「アクションリサーチ実地研究Ⅳ」では、所属校の校長をメンターとして、院生は所属校において、「セミナーⅡ」で作成したアクション・プランをもとに学校づくり•学校改善を追求します。管理職や同僚の理解・協力を得ながら、Research(現状把握)・Vision(ビジョン)-Plan(計画)→Do(実践)→Check(評価)→Action(改善)サイクルの実践を行い、「探究・創造・協働の学び」を促進するリーダーシップ能力の育成を図ります。

リンク

教育実践開発コース

「探究・創造・協働の学び」への変革を推進し、新しい学校づくりの有力な一員となる新人教員、学校において指導的役割を果たすミドルリーダーの育成

 教育実践開発コースでは、共通科目から20単位以上を履修し、現代的な教育課題についての知識を学び、実践的理解を深めます。コース選択科目から11単位以上を履修し、現代的課題への対応力とともに、授業づくり・授業改善の実践力を身につけます。学校マネジメントコースの授業科目を4単位まで履修単位に含めることができます。コース必修科目「アクションリサーチ・セミナー」4単位、学校における実習科目「アクションリサーチ実地研究」10単位を合わせ、修了要件は45単位以上の履修です。

 コース選択科目の授業では、学校で行われる公開研究会や学習会などに積極的に参加し、現代的課題への理解を深められるようにします。

 教育実践開発コースの特徴は、コース必修科目の「アクションリサーチ・セミナー」(4単位)と「アクションリサーチ実地研究」(10単位)を連動させて履修することにより、学校現場のフィールド理解に基づいた課題への対応力や授業実践力の育成を目指すところにあります。

 本コースのもうひとつの特徴は、学部卒院生と現職教員院生とが協働の学びの場を持つことです。学部卒院生は教師としての自分の将来を思い描きながら、現職教員院生はミドルリーダーとして活躍する自分の姿を思い浮かべながら、実りある学修を進めることができます。

コース必修科目の「アクションリサーチ・セミナー」は、少人数のゼミ形式の授業です。

 授業では、「アクションリサーチ実地研究」での体験的な学びを活かしながら、授業実践研究テーマを設定し、計画を立てて(Plan)、学校現場で実践し(Do)、振り返り(Check)、改善計画を立てて実践する(Action)のPDCAサイクルで、理論に基づいて実践し、実践を振り返って授業を改善していく実践力を身につけます。現職教員院生は、授業実践研究力とともに、ミドルリーダーとして学校の授業づくり・授業改善を推進できる実践研究力を身につけます。

 この授業では、1年前期から2年後期まで段階を踏んで履修し、授業実践研究を行い、最終的に修士論文と同等の報告書をまとめ提出します。

 「アクションリサーチ実地研究」では、大学の指導教員2人(研究者教員、実務家教員)と実習校の熟達教員(メンター教員)1人の、3人の指導教員によるトライアングル型指導体制を取り、院生の個別のニーズに応じた細やかで丁寧な指導を行います。この授業では、実地研究についてのポートフォリオを作成し、指導教員、メンター教員とともに振り返りを行うことで省察力を高め、授業実践を自ら改善できる高度な実践力を育成します。

 学部卒院生は、学部での教育実習体験の上に学校現場の観察・体験・授業実践研究を行い、授業を中心として現場への対応力と実践力を身につけます。

 1年次は、附属校や連携協力校において行い、授業実践研究の課題への理解を深めます。2年次は、1年次に設定した研究テーマと研究計画に基づいて、附属校や連携協力校で実践への参画をしながら授業実践研究を主とした実地研究を行います。

 現職教員院生は、教職経験を活かして課題設定を行い、課題解決のための実地研究を行い、授業実践力とともにミドルリーダーとして学校の授業づくり・授業改善を推進できる実践力を身につけます。

 1年次は、附属校や連携協力校において実践に参画し、課題設定を行います。2年次は、1年次に設定した研究テーマと研究計画に基づいて、原則として所属校において授業実践研究を主とした実地研究を行います。

リンク

PAGE TOP